熊本の労働保険(有期事業の労災は特に)のご相談等は、財務・経理にも精通している「福澤社会保険労務士行政書士法務事務所」へお任せ下さい。 
「労働」保険の算定基準
 
福澤 社会保険労務士 行政書士 法務 事務所
 
  ホーム 「労働」保険 の 算定基準        
         
         
   「労働」保険料の算定期間(計算期間)とは、  
   
         
     
 
 「労働」保険料の算定期間(計算期間)と

「経理・税務申告」等に関する会計期間の
違いとは。
   ①


 
 「経理」
とそれに伴う「税務(納税)申告」に関する”会計期間”については、「個人」事業所である場合と「法人」事業所である場合とでは、基本的に異なっている事が殆どです。
  
   「個人」事業所:
 1月1日~同年12月31日までの期間
  ※ 「法人」事業所: 会社の設立時に定める「定款」の規定に
             その「法人」考え等により、主に1年間を
             一会計期間として、その期間の始点(会計
            期間の開始日)~終点(会計期間の締日
            :決算日)
定めることができるため、各種
             様々。
          (例) ⅰ.5月1日~翌年4月30日までの期間
              ⅱ.2月1日~翌年1月31日までの期間
              ⅲ.4月1日~翌年3月31日までの期間
 
       
 
ⅰ. 「労働」保険料の算定期間(以下、「計算期間」という)に
  いては、上記①の「経理・税務(納税)申告」に関する”会計期
  間”とは、殆どの事業所で定めている(法人)・定められている
  (個人)の会計期間とは異なる場合が多い。
 
  「労働」保険料申告・納税等の為、その計算の基礎(元)と
   して扱われる、その支出等を行った金額(一部の債務も含む)
   の”集計対象”期間・・・、
    つまり「計算期間」は、「個人」事業所・「法人」事業所の
   区別なく、毎年4月1日~翌年3月31日まで1年間となり
   ます。
 
    「計算期間」は、日本で言う1年”度”が、「”一”計算期間」
   
と定められています。
 
  上記の理由から、「”会計”期間」と「”計算”期間」が、
  それぞれ異なる
事業所が多いという事になります。
    (特に、「個人」事業所では、必ず異なる。)
 
 
 
ⅱ. 各事業所(「法人」事業所で、「会計期間」を毎年4月1日~
  翌年3月31日まで
と定めている場合を除く)においては、
  現在の「会計期間」と「計算期間の末日:3月31日」という点を
  考慮し、現時点を「申告”義務を負った”3月31日」と仮定して
  見た場合には、
   「前期」会計
期間(決算完了済み)「当期」会計期間(経理
  期間中)の”2”会計期間(2ヵ年分)に亘る「経理や決算」
  内容
含めて、「労働」保険料の”確定”額および翌年度に
  関する”概算”額の算定とその申告・納付を実施しなければ
  なりません。
 
   尚、経理(元帳:給与・賃金・雑給勘定)内容だけでは、
  正確な確定額および概算額は、出せない場合が多くあります。

    今まで、何ら問題なかったようでも、単なる認識違いで
    ”多め”払う分には、大した危険(経営上・経営者の私的な
    財産上に影響するリスク)は、生じませんが・・・
     知らず知らず(認識不足や思い込み等など)の内に、適切
    な集計・判断処理ができていなく成ってしまっており、過少
    告等を数年に亘って行って来ていた場合等には・・・、
    
     過少申告扱いを受けるだけ(追加納付や遅延利息)では
    無く、「労災”事故”」等が発生した場合において、”過少”申
    告
の為、労災保険の給付額の最大4割程度”経営者”
    常々(支給の都度)負担する事態になる場合さえ、起こり
    えますので、充分に集計すべき金額等の内容の精査も当然
    ですが・・・、
     
     先ずは、本当に自社(事業所)自体が、適用除外か強制
    適用事業所か、また、雇用した方一人一人について、
    強制適用の方か適用除外の方かの判断等についてを、
     「雇用総数」と、一人一人の「雇用形態」・「就業の実態」・
    「勤務時間」等から、総合的、且つ、適切に判断する行為と
    その方法などの、そのモノ自体から見直す必要が、気づいて
    いない・思い込みによる誤解等から既に起きている場合も、
    あります。
     
     これは、時折、税理士が「適用除外」と言っているとする、
    経営者さん(主に「個人」事業所に多い傾向)がいらっしゃい
    ますが、「税理士」「税法や会計処理」の専門家であって、
     労働保険社会保険「加入要件やその実務的判断」
    そうですが、「労災保険法・雇用保険法・健康保険法・厚生お
    よび国民年金法」の法の規定自体も誤認なく知っていると
    断言できる訳では、ありません(社会保険労務士の専門分野
    です)
     その為、適切な先(社会保険労務士)へ相談とその判断
    (加入義務の有無の判断)や誤認をできる限り押さえ込める
    運用方法を求めた方が、いい場合もあるようです。
  
  
 
         
         
    ※ その他の事項については、現在構成中です。  
         
         
         
                       
                     
                        所在地: 熊本県 山鹿市 鹿校通 一丁目8番30号
                        電 話 : ( 0968 ) 42 - 8411

                     熊本県行政書士会 及び 熊本県社会保険労務士会 会員


 
  
 
経審熊本.com